日本バイオコン株式会社

日本バイオコン株式会社

会社概要

Company Informaiton

社名日本バイオコン株式会社
本社〒454-0852 名古屋市中川区昭和橋通三丁目23番地1号 バイオコンビル
TEL052-661-8105
FAX052-659-0888
代表者渡辺 秀人
役員代表取締役会長:渡辺 一央
代表取締役社長:渡辺 秀人
取締役名誉会長:レスリー・オッヒンクロス
取締役:アリスン・トゥーリー
事業内容【取扱品目】
健康食品素材、食品原材料・食品添加物、果実・野菜由来素材、酵素、天然色素、医薬品原料、化粧品原料、
メガザイム社食品分析キット・試薬、食品機械
支店日本バイオコン株式会社東京営業所
〒101-0047 東京都千代田区内神田一丁目7番7号 ルネッサ大手町ビル3F
主要取引銀行三菱UFJ銀行:名古屋駅前支店
みずほ銀行:名古屋駅前支店
愛知銀行:本陣支店
名古屋銀行:名古屋駅前支店
第三銀行:本陣支店

沿革

History

昭和53年1月17日(1978年)外資法に基づく法人設立認可取得(外資法認代22207号)
所在地:愛知県名古屋市中村区森田町
昭和53年3月28日(1978年)法務局に日本法人として登録 払込資本金500万円
(株主:オランダ、デルブレイホールディング、アイルランドバイオコンリミテッド、渡辺一央)
昭和56年7月19日(1981年)本社を名古屋市中村区佐古前へ移転、当地を新たに本社とする
昭和57年5月28日(1982年)払込資本金を1,500万円に増資
昭和58年5月16日(1983年)食品原材料、飼料添加物に加え、新たに医薬品原料、化粧品原料の取扱いを開始
昭和59年2月20日(1984年)名古屋市中村区松原町へ移転、当地を新たに本社とする
昭和60年9月30日(1985年)日本で初めてバイオコングループの全体会議を開催
平成元年年9月1日(1989年)日本バイオコンの株の80%をクエストが取得、クエストグループの一員となる。
これに伴い、今迄の食品原材料、飼料/飼料添加物、医薬品原料、化粧品用原料、診断用キットに加え、
新にユニリーバグループのクエスト社の食品原材料の取扱いを開始し、日本における総責任会社となる
平成4年10月1日(1992年)クエスト社所有の株を総額取得。クエスト社との資本関係を解消し、日本主導の出資会社となる。
但し、クエスト社との商取引関係は従来通り継続。新たにマリゴグループ構成メンバーとなる
平成9年9月30日(1997年)食品機械販売第一弾として、減圧乾燥機デモ機を設置。乾燥デモンストレーションを開始。
平成11年1月20日(1999年)エコサイエンス株式会社を日本バイオコン(株)の100%子会社として設立
平成11年5月14日(1999年)食品機械販売第二弾として、蒸気循環式調理殺菌装置デモ機を設置
平成12年12月1日(2000年)食品機械の減圧乾燥機、レトルト殺菌機を展示し、デモが出来るテストセンターを一宮市浅井町にオープン
平成13年8月7日(2001年)食品機械販売第三弾として、乾燥機ハイパードライ(真空、マイクロ波、線赤外線使用)の取り扱いを開始
平成14年10月29日(2002年)日本にてマリゴグループの全体会議を開催
平成15年12月10日(2003年)社債発行
平成16年2月19日(2004年)ハイパー・ドライ乾燥機の日本特許取得
平成16年8月18日(2004年)JAS有機の輸入者認定取得
平成17年11月28日(2005年)名古屋市中川区昭和橋通へ移転。当地を新たに本社とする倉庫棟(新設)、機械テストセンター機能を集約
平成18年12月1日(2006年)持株会社、バイオコンホールディングス株式会社設立
平成22年7月8日(2010年)こんにゃく加工品の製造・販売に関する合弁会社、ABS株式会社を設立
平成22年8月23日(2010年)東京営業所をさいたま市に開設
平成23年11月1日(2011年)東京営業所を東京都千代田区に移転